• keiko

AppleCare+ への敬意



よく「AppleCare+は高い」との声を聞きますが、私はその内容と比較してお買い得と感じています。


期間内に修理限度回数や、自己負担金額もありますが、保守対象が本体だけでなく付属品やAir Macまで入り、その上ソフトウェアのヘルプデスクまで付いているので、個人ユーザーにとっては、有難い内容です。


ただ、スポットでの修理料金がかなり高額になってしまうので、割安に感じてしまうのかも知れません。それと、私のように、いろいろソフトウェアを使い回して、質問多いマニアでないと、ヘルプデスクの恩恵は感じてくれないかも知れませんね。


それでも、個人ユーザーの方には、絶対AppleCare+に加入されること、お薦めしています。例えば、iPadは機種にもよりますが、スポット修理すると、1回の修理料金で中古品が買えてしまうくらい高額になります。私だったら、もしAppleCare+に加入しておらず、故障してしまったら、新型モデルに買い替えます。


Appleマニアとしては、AppleCare+が2年ではなく、4年くらいまでサポートしてくれることを、切に願っています。


さて、弊社の「延長保守サービス」は、AppleCare+に対する敬意から始まりました。法人向けと限定した中で、法人様ニーズを考え、期間の延長、加入・解約の期間制約なし、それに価格低減・追加費用なしをテーマと致しましたが、価格低減は苦労致しました。


AppleCare+のサポート範囲ですと、Appleの付属品の修理もしくは代替品の高額さから、かなりコスト高になってしまいます。逆に言えば、冒頭述べたように、AppleCare+は本当に良いサービスで、お買い得なのかと思います。


また、ヘルプデスクはかなり深い質問も対応してくれます。私は、5人ほどの担当者に「たらい回し」された経験がありますが、最後は専門家が出て来てくれて、マニュアルにもない深い悩みを明快に解決して頂いたことがあります。掛かった時間の長さに対する怒りを忘れるほどに、ヘルプデスクに感謝致しました。


しかし、通常の法人ユーザー様がそこまで求めているのか? 私たちの仮説では、必要ないとの判断をしました。Appleが無償提供してくれている、最初の3か月ヘルプデスクで充分であり、また付属品などのサポートも不要かと考えることにより、価格を下げることができました。つまり、サービス内容を限定することによる価格低減効果が大きく出せました。もちろん、弊社努力によるコスト削減、利益率の抑制により、かなりお安くできているのも事実です。


お客様のニーズは多様です。法人ユーザー様でも、AppleCare+のサービス範囲を望む方もいらっしゃるかも知れません。しかし、私たちのサービス範囲で充分と感じるお客様も確実にいらっしゃるでしょうし、前述した期間延長・期間制約なし・追加費用なしを望まれているお客様も多いと信じています。


私たちは、AppleCare+の素晴らしさを実感し、ケースによっては法人様にもお薦めします。私たちの「延長保守サービス」は、決してAppleCare+に勝るものではなく、また競合するものでもありません。棲み分けであり、また補完的なものと考えています。


なお、弊社はApple社とはまったく関係なく、また弊社サービスはApple社が協力・認定しているものではありません。AppleCare+はApple社のサービスであり、弊社が販売・紹介のビジネスをしているものではありません。


以上



#Applecare


Contact

〒113-0033

東京都文京区本郷2丁目19−7

Tel: 03-5840-8201

© 2019 inSure inc.