• keiko

我々が法人向け販売/保守でiPad・iPhoneをお勧めする理由


今回ご紹介させていただくのは、ズバリ『我が社が法人向け販売/保守でiPad・iPhoneをお勧めする理由』です。


Apple製品というと、、

デザイン性や機能の充実はしているものの、、Androidに比べると価格が高い……といったネガティブな印象を抱いている方が少なからずいらっしゃると思います。

これはご自分で個人的に使用する際に気になってくるポイントであり、Apple製品には良い点と悪い点の両方が存在することは事実です。


しかし、法人での導入を検討しているという場合になると話は別です。

我が社では、Apple製品のご利用を強く勧めさせていただいております。


以下からは法人でApple製品を利用するメリットを4つの観点から、世界シェアNo.1を誇るAndroidとの比較を織り交ぜつつご紹介させていただきます。


タブレット・スマートフォンの導入をご検討中の方は、、参考までにどうぞご覧ください。



➀保守の観点


突然ですが皆さん、Androidのスマホといえば何を思い浮かべますか?

XperiaにGalaxy、HUAWEI、Google Pixelなどなど…例を挙げだしたらキリがありません。ご存じかもしれませんが、ここで例として挙げた4種類のスマホ、全て違うメーカーのものなのです。


毎月のように新作が発表されめまぐるしく状況が変わるAndroid端末です、仮に3年後に故障したとして、対応する修理パーツがいつでも手に入る状況と思えますでしょうか?

厳しいだろうということが何となく想像できますよね。


その点、iPad・iPhone 等のApple製品は全て同一メーカー、かつシリーズ化されていることにより1機種ごとの供給が多いので、3年後、5年後でも修理部材が無くなることは考えにくいです。


inSureの保守サービスは端末発売後最大5年まで対応しており、センドバック方式を採用しているため、通常1〜2週間での修理・本体交換が可能です。数年単位での継続したご利用をお考えのお客様には、特にお勧めできるポイントと言うことが出来ます。



②OSの観点


次はOS、オペレーティングシステムについてです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんがアンドロイドはメーカーごとにOSが違います。そのため折角のアプリやシステムが正常に作動するか分からないという問題をはらんでいるのです。


その反面iPad・iPhoneはAppleが提供しているOS、iOSで統一されているため動作確認を明確に行うことが出来ます。順調なスタートを切るのにお勧め出来るのはこちらでもApple製品ということになります。



③セキュリティの観点


ではセキュリティの観点ではどうでしょうか?

タブレットの場合、アプリがウイルスの侵入ルートになることが非常に多いと言えます。Androidアプリのダウンロードサイト「Google Play Store」は審査の基準が甘く、それが悪質なアプリだったとしても掲載を許可してしまっている場合が多いです。


それに対し「Apple Store」の審査は“超”がつくほど厳重で強固なものと言えます。

この場合、より真剣にセキュリティ問題に目を光らせているのはAppleだと言えるでしょう。



④調達のしやすさの観点

最後に調達のしやすさの観点をお話ししてこの記事を終わらせていただきます。


Android端末はシェア数こそ世界No.1ですが、メーカーやモデルの種類は膨大な数があり、1機種ごとのシェア数は実は多くありません。

それに比べ、iPad・iPhoneはモデルごとのシェア数が多く、調達はAndroid端末に対して非常に容易です。

機種や色、スペックに統一感を求めるのであればなおさら、このメリットはかなりの強みと言えるでしょう。

ここにおいてもやはりAppleの圧勝ということです。



以上の4点から法人でのご利用は「iPad・iPhone」がお勧めであることをお話しさせていただきました。お客様のニーズに合わせた機種・プラン選びを進める上で参考にしていただければ幸いです。



以上

Contact

〒113-0033

東京都文京区本郷2丁目19−7

Tel: 03-5840-8201

© 2019 inSure inc.